くすみや乾燥

シミやくすみを発生させないことを目指した、スキンケアの重点的な部分と見なされているのが「表皮」なのです。そんな理由で、美白をゲットしたいのなら、とにかく表皮に効き目のあるケアを率先して行うことをおすすめします。
くすみや乾燥、肌荒れなどのトラブルで困っているなら、化粧水の使用を一旦お休みしてみてください。「化粧水を怠ると、肌の水分が少なくなる」「化粧水が皮膚トラブルを軽減する」というまことしやかな話は実情とは異なります。
お肌に欠くことができない水分を保持してくれているのは、セラミドと言われる保湿物質で、セラミドが少なくなると、お肌の水分量の減ってしまい乾燥しやすくなります。肌に水分を与えているのは外から補給する化粧水ではなくて、身体の中に存在している水というのが事実なのです。 続きを読む

はじめは週2回ほど…

お風呂から出たあとすぐは、皮膚の水分が最も消失しやすいのだそうです。入浴した後20~30分ほどで、お風呂前よりも肌の水分が失われた俗にいう過乾燥の状態になるのが通例です。お風呂に入った後は、できるだけ10~15分以内にケチらず潤いを補充することが必要です。
気温も湿度も下降する冬の寒い時期は、肌から見たらとても大変な時節なのです。「きちんとスキンケアをしたけど潤いが維持できない」「肌がカサカサになる」などと認識したら、お手入れのやり方を改めましょう。
続きを読む